• 画像:新作!ウィリアムモリスのいちご泥棒柄で作ったお財布ショルダーバッグ
  • 画像:お財布ショルダーバッグのレッスン風景
  • 画像:お財布ショルダーバッグはクルーズ旅行に便利
  • 綸子(りんず)のお財布ショルダーバッグ|ラベンダーサシェ
  • セミオーダーできるお財布ショルダー|ラベンダーサシェ
 · 

お財布ショルダーのレッスン!

お財布ショルダーの仕上げレッスン

先週、マイお財布ショルダー・レッスンをしました!
お客様とではなく、スタッフYさんと^^

 

 

もう下ごしらえはバッチリな彼女。
仕上げ工程のレッスンをして、最終的に
自分用にしてもらおうと思って♪

 

 

そこで、自分で好きな生地を見つけてもらい
ショルダー紐やファスナーなどパーツの配色も

すべて決めてもらいました。

 


ご縁がある八千代台「カフェふくろう」さんの
レンタルスペースでトータル5時間。

 

 

「下ごしらえ」はいつも通りに家でやってきてもらい

ふだん私がやっている「仕上げ」部分をマンツーマンレッスン。

 

結果、時間ギリギリでなんとか仕上がりました!

 

 

カシメやスナップボタンなど、最後の最後には

我が家にあるおもーい機械を使う工程があるので

その場ですぐ斜めがけしてお持ち帰り!というわけにはいかず。

 

 

でも、初めて自分で本体を仕上げることができて

大コーフン、めちゃくちゃ喜んでくれました!

 

 

送る際も、いつもお客様にお送りするのと同じように。
それもすごく喜んでくれました^^

 

 

感想を送ってくれたので、紹介しますね!

文中のOSBとは、お財布ショルダーバッグのことです♪

 

 

 

【仕上げ工程の感想】

 

井代さんが、今までミシン下ごしらえで注意してくださっていた箇所、仕上げに影響が出ると言うことを頭では理解していたつもりでしたが、自分でやる事で、身を持って下ごしらえの準備の大切さを実感しました。



今回は、限られた時間の中で一通り手順を教えていただく事も考えていたので、本当はやり直したい箇所もあったのですが、妥協せざるおえなかった事が心残りではあります。

 

 

(特に最後のパイピング付けで目跳びしてしまった事で、生地選びの重要さも理解しました。)

 

 

何箇所か、売り物としてはアウト、と言う点も確認しているので、いつか井代さんが、経験を積んでセレクトしたOSBの生地の組み合わせで、しっかりとしたクオリティのものをもう一度仕上げたいなとも正直思いました。

 

 

今回特に学んだ事

 

 

  • OSBの生地選び(厚み、針の通り具合)の重要さ
  • 最後の1cmパイピングは内側だから見えない、ではなく、OSBの形を決める大事なライン ・パイピング付けをする為の、形の再整形、厚み、段差の微調整の大切さ

 

 

上記のことがとても印象強く残りました。

 

 

 

【お財布ショルダー到着後の感想】

その1

先程OSB届きました!早い到着嬉しいです!

梱包の状態もお客様と同様にして頂き、お客様の届いたときテンションが上がる気持ちがわかりました!

今早速入れ替えてコンビニに行こうと思っています! また少し使ってみて感想伝えます。

取り急ぎ受け取りのご連絡です。ありがとうございます!

 

 

 その2

まず、最初に娘とコンビニへ行った時、左手は娘と手を繋いで塞っていたので、右手片手でファスナーの開閉を試みたところ、スムーズに出来たことに感動しました!

今まで分厚いお財布を持ち歩いていたので、本当に身軽に!気分も軽くなった様です♪

こんな状況なので、マスクケースを持ち歩いているのですが、それも(100均ですが)ぴったり収まりました!

これは私の問題ですが、まだ慣れず身軽になりすぎて、エコバッグを持つのを忘れてパン屋さんに行ってしまったので、エコバッグの極薄のものとか、OSBに付けられる形状のものを更に一つ探そうと思いました!

やはり自分で使ってみるとその便利さ、軽さを実感し、色々な方にお勧めしたくなりますね! 大変お忙しい中、製作させて頂いてありがとうございました!大切に、いや、ヘビロテして使わせて頂きます!

 



【イシロの返事】

「エコバッグの件は、私は持ち歩くのが嫌なので、レジで購入することが多いかな。

 

キッチンの生ごみを処理する際、必ず必要になるので、無駄にならないですよ。

家にあるレジ袋を三角に折りたたんで、入れておく時もあります。参考にしてくださいね。」

 

 

* * *

 

 

今回のレッスンを通して

喜んでもらえるって嬉しい!という

商いの原点に返ることができました。

 

 

そこで思ったのは

 

 

もしかしてお客様の中にも、完成品を買うだけじゃなく

「自分で作ってみたい!」という人がいらっしゃるかも?ということ。

 

 

売り物が作れるようになるには、時間がかかりますが

「自分用に自分で作ってみる」という体験なら可能ですよ。

 

 

ただ仕上げには、馬力のある「職業ミシン」が必須。

 

 

そこがネックですが、もし作ってみたいという方が

いらっしゃれば、キット、動画、リアル講座など

何か方法を考えてみます。

 

興味がある方はお問い合わせください。

 

配送・支払い方法

送料:日本全国送料無料!

佐川急便、又はレターパックプラス(選べません)
・対面受け取り
・追跡番号あり
・お留守の際は不在票が入ります

国際郵便
海外へはPayPal決済で発送可能です

https://www.etsy.com/shop/aLittlePocketJapan
 

※詳細はこちら

 

お支払い方法

・三菱東京UFJ、ゆうちょ、みずほ
 ※振込手数料はご負担下さい。

・PayPal

※詳細はこちら

 

お問い合わせ

メルマガ登録

メモ: * は入力必須項目です

新作・イベント情報や、アンケート企画などをお届けします。
ぜひご登録ください。